秒撮テ!その2遠近法のやつ!(f値)

series/連載

今回はこちら

タイトル通り遠近法のやつです。

ん?そんなに撮る機会ない?まーまー、そんなこといわずに笑

ポイントは

広角気味に撮ること

絞ること

です。

・広角気味というのは、画面を広く撮ることです。

なぜか、

仮に携帯で、この写真のワイフをもう少し大きく撮ろうとすると、寄りますよね。

カメラと被写体を近づけて撮ると、後ろがぼけやすくなるのです。いろいろと説明できることはあるけれど、ボケます!!引きにすると奥までピントが合う、ボケにくいのです。

あとはちいちゃくとるもののサイズ感を調整してください。

・絞ること、ミラーレスでも一眼でも持ってる方は「f値」というのをご存知だと思います。ここもくわしい説明は一旦飛ばしますが、

f値の数値を大きくしてください!

最初少し混乱するのですが、「絞る」というのは「f値を大きくする」ことです。

この写真はf22 (ss1/80・ISO100 これらの設定についてもまた次のタイミングで説明します)で撮ってます。最大限に絞ってます。

絞っていく=f値をあげる=奥までピントがあう(エリアが広がる)

これだけ覚えておいてください。

同じ設定で撮った写真を拡大したのですが、

だいぶちいちゃいけど、表情はわかりますね!

逆に絞りを開けるとボケます。そのレンズの「解放で撮る」とボケやすい、めっちゃボケます。

開ける=f値を下げる=ピントがあうエリアが狭くなる

このピントのことを「被写界深度」といいます。

「どれくらい奥までピントが合うか」ということです。被写体との距離感でこれまたかわるので、簡単に距離がお伝えできるものではないのですが。。

とにかくこの写真は「被写界深度が高い」です。

遠近法で両方にピントを合わせたかったら「被写界深度が高い」設定にして撮ってください。

「広く撮ってください」というのも、高い被写界深度で撮れるからです。

イメージとしては、風景を撮った時に、多分広がりのある画面を撮ると思います。

そうすると、ボケた箇所はないはずです。

もう一つ、

ケータイのカメラなら全体にフォーカスが合うことが多いと思うので関係ないですが、明るい場所でやってください。

暗いとカメラが勝手に絞りを開けて(=f値を下げて)撮ろうとします。

自動的にある程度の明るさにしよう、とはたらいてくれるからです。

なので明るい場所だと、自動的に絞って(=f値をあげて)撮ろうとしてくれます。

だいぶと雑な説明になりましたが、f値・被写界深度についてでした。


よかったらこちらのハウツー動画もどうぞ

The「間」を撮る「ひと」 ザマ
https://www.youtube.com/channel/UCrWeBFL62KWSUqJALBdQDvg/

instagramストーリーズにてちょっとしたテクニックを更新中!
https://www.instagram.com/momento.eterno.yz/

関連記事一覧