2017.7.2. WOZNIAK “密林” RELEASE PARTY @ 京都 CLUB METRO ライブ写真撮影

review/撮影後記

今からここに書いていくことは、きっと僕のルーツに至る旅だと思っている。

音楽と人間のつながりを感じるWOZNIAK体験。

ほんとはただただ踊りたい。

だけどクリエイターの端くれとして、しっかりと現場で対峙する。

WOZNIAK…Yuta Hoshiによるダンスロック/ポストロック・ハードコアバンドプロジェクト。ライブ時はサポートメンバーを迎えて演奏する。 Yuta Hoshi(右から2番目)


僕は音楽について、決して造詣が深いわけではない。

でも、そんな僕でも、Yuta Hoshiが創る音楽に置いていかれることはない。

これはWOZNIAKを体験した人は、誰でも同様だと思っている。

みんなを連れて行く。(the pillowsの「PIED PIPER」の歌詞みたい)

僕は、バンドサウンドを構築する、それぞれのパートのテクニカルなことや、曲の構成については詳しくわからない。(ただただ体験している)

彼の音楽的ルーツ、誰に、どんな音楽に大きく影響を受けてきた結果の作曲が為されているのか僕はほとんど知らない。

けれども、わかりやすさ、というか、POPさというか、
技術と経験値によって展開される懐の広さと深さを感じる。

彼自身が多くを受け入れるし、彼は音楽を創り上げて発信し続ける。

その道を突っ走っている彼を現場で体験すればよりわかる。

先日もそうだったが演奏中の彼の笑顔をよくみる。

音楽を愛し愛されている。プレイヤーにしかわからない恍惚感は現場で伝播する。

僕が心から求める瞬間はそこにある。

写真で音楽を表現すること、とても畏れ多いことだとわかりきっている。

だけどそれを止めることができない。

僕もそう言えるステージにたどりつきたいから。僕が勝負できるのは、この光を記録する活動しかない。

まだまだ道半ばだけれども、感情をキャッチして、伝える。

なにを撮っていてもこれは同じ。

僕自身と被写体、僕の写真に触れた人々を鳴らし続けるために、僕なりのやり方で続けていきたいと思う。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

WOZNIAK 密林リリースツアー

2017.06/11 (土)名古屋spazio rita
2017.07/02(日)京都METRO
2017.08/20(日)CIRCUS OSAKA
2017.09.10 (日)CIRCUS TOKYO

今後、大阪と東京でチャンスあります。是非是非に。


WOZNIAK official web site
http://wozniakband.com/

Wozniak Tokyo(facebook page)
https://www.facebook.com/wozniakband

topの彼の写真は所属しているバンドdalljub step clubが大阪にきたときに撮影させてもらったもの。

そして彼のパーソナリティにもぜひ注目して欲しい。

音楽はもちろん、飯、笑い、建築、仲間たち、クリエーションの根元は日々の蓄積にあると思う。

とにかく、楽しんでいる。いいなぁ。

Twitter
https://twitter.com/yuta_hoshi

instagram
https://www.instagram.com/yuta_hoshi/


撮影のご依頼はこちらから