秒速!撮影テクニック その3 三角構図

series/連載

更新忘れてませんよ!ザマです笑

今回もベーシックなテクニックです。

三角構図、
画面の中に三角形を入れる。
三角形になる角度から撮る。

以上です。笑(うそです!↓に写真も載せているのでみてって!!笑)

風景や建物の写真によく使われるという認識ですが、
それに限ったことではないと思います。

建物を三角形に切り取るとか、

ポイントを3点・三角形にポジションさせるとか、

簡単にいうとそんな感じです。

あとは、露出の調整で背景が白とびしないようにとか、逆にアンダーで黒く落ちないようにするとか、何に向かう視線の導線を構築するのかとか。。。。

わかりにくいですね、はい。では写真をどうぞ。

a

はい、こういうことです。

こうなってないと、

b

(顔見えてないし、ピント外れてるし、ちょっと比べていいものかと・・・(^^;

なんか、落ち着かないですよね。aのように腕が右に出てることで、
三角形ができて安定感が出る。

僕は人物に三角構図使います。(そんな特別なフォトグラファーじゃないとおもいますけどね。)

大胆に大きく、三角入れちゃいましょう。

ロケーションやスポットの力は強いけど、
(instagram映えするとかいうよねー。今回大阪駅周辺で撮影したんですが、そういうスポットをたくさんつくってました。)

写真撮影のテクニックがひとつでもあると変わってくると思いますよ!

少しだけ、別のテクニックの話をしますと、この写真はやや「ローアングル」から撮ってます。

「アイレベル」の話はまた別の折にご紹介しましょう。


こんな感じのポートレートも撮ります!ちっちゃくリンク画像貼ります・・wちょろっと覗いてみてください。。。


次回予告(通りやるかわからないけど)、

やっぱり大好き「日の丸構図」

素人っぽい撮り方とか、プロはちょっと避けたほうがいい、とか言われがちだけど、一番気持ちが乗ってるストレートな撮り方だと思うんです。僕は常用します。

ハートが一番大事ですからね!

では、またお盆明けくらいに(?)

ザマ

関連記事一覧