【撮影後記】エンゲージメントフォト撮影@京都 出町柳鴨川デルタ

review/撮影後記, suggestion/ご提案

思い出深き、京都・鴨川デルタ出町柳でエンゲージメントフォト撮影!

久々にエンゲージメントフォト、私服ロケ行ってきました!
ロケーションは懐かしの「出町デルタ」。
2年前の撮影でも行ったけれど、やはり思い出されるのは大学生時代。(そのわけはプロフィールをみてみてください)

撮影のご要望は自然体(得意なやつ(^^))

当初は3月撮影予定でしたが天候に恵まれずGW序盤での撮影になりました。
お待ちかねのこの日、、、!
テレビ電話でお顔を合わせてお打ち合わせをしたのは3月中旬?上旬?それ以来のご対面です!

エンゲージメントフォトの良さは「普段感」と「ちょっとだけ特別感」だと思っています。
写真撮影となると最初は誰でも戸惑うんです、そういうものなんです。
だけど、「普段通り」にしてればいいのですぐなれて頂けます。

背景を選んで、ほったらかしにしたりもします笑
カメラ意識しないときの顔、自然にあふれる笑顔の写真は人を惹き付けるます。
あと、撮影してる僕の様子を見てほぐれる方も多くいらっしゃいます(^^)(え?笑われてる?いやいや、笑わしてるんですよ!笑)

式場、衣装屋さんとかの前撮り、当日の衣装での記念撮影もオススメしていますよ(僕が撮るわけじゃないけど)

エンゲージメントフォトを提供する僕が言います、
「ドレス・打掛、衣装の記念写真は当日でも前撮りでも、残しておいた方がいい」。

「絶対イヤ!!」なら撮らなくてもいいと思いますが、
やっぱり記念は記念、一生に一度の機会です。
式のこと考えたり、衣装選んだり、大切な瞬間のためにいろいろと頭を巡らせた成果として、ご家族への感謝の意味もあるし、やった方がいいんじゃないかと思います。

「夫婦ではなく恋人でいる時の姿を残しておきたい」

「普段通りの姿、リラックスした姿を残しておきたい」

こんなお考えをお持ちの方はぜひご相談ください。

打ち合わせ以降のキャンセルはお気兼ねなく!!

おふたりとお話ししたときも、「そんなに言わんでええやろ!」ってくらいに
「なんか合わないと思ったらこれ(テレビ電話)切った後、こそっと「やめときます」ってメッセージくださいね笑」
とお伝えしてます。
「このカメラマン、なんか合わんけど、、なんか申し訳ないし、とりあえずお願いしようか。。。」
これ、絶対やめてほしいです。だからしつこくお伺いします。

僕は「絶対的な型」みたいな写真はあまり持ってません。
僕のひとりよがりの写真では意味がないから。
おふたりと一緒につくっていく、そこに価値があると思っているから。
プロフェッショナルとして、喜んでいただけるお写真をお届けしますが、
それは一緒に創っていくものであると信じています。

些細なイメージ、理想でも、伝えてください。
一緒にオンリーワンの時間と写真を創っていきましょう!
ザマ(コンセプトページ、ぜひ一度ご覧ください)


確認画面が表示されません。上記内容でよろしければチェックを入れてください。


関連記事一覧