秒速!撮影テクニック その5 逆光「恐れるなかれ、愛せ・逆光①」

series/連載

今回は、逆光です。ちょびっとむずしいかもしれませぬ。

行ってみましょう!


逆光、撮りたいものが真っ暗になってしまう。。。

でも、ちょっと印象的に写真を仕上げるチャンスかもしれません。

先日のロケ、マタニティフォト撮影時、存分に使いました。

 

僕が使う逆光は数パターンあるので分けてご紹介しようかと思います。

今回は、1回目「逆光でくっきり・はっきり」です。

では写真をごらんください。

ロケーション撮影で、少しだけ陽が傾いてきました。

琵琶湖の湖畔を歩いてもらいながら撮影していたのですが、

ど逆光がきた時に、ピカンとひらめきました。

 

「くっきり・はっきり」とは、どういうことか、、

簡単にいうと「逆光で被写体の輪郭を明るくして、はっきりさせる」

ということです。

ハートのした部分人差し指と小指に後ろから光がバチっと当たって、

白い線ができてます。(親指側もほんのりと・しっかりとでてます)

加えて言うなら、手のカメラに向いている面は完全に影になって暗い。

これが明るい指のラインとのコントラストをつくってくれるわけなのです!

ここでもう一回最初の一枚、

おわかりいただけただろうか。。。!

実は手のハートだけでなく、お二人の衣装のエッジラインも逆光によって現れてきているのです。

このラインを出した撮影をするときの注意点は、

「背景を明るくしすぎないこと」

です。

この写真の場合、背景が暗くなっているので、逆光で現れたラインがみえています。

もし仮に背景を空にしてしまうと、空の方が明るくなってラインが同化してしまいます。(わざとエッジを白く飛ばす方法もあります。それは次回!かな!)

是非一度おためしあれ!

(ちょっと響いたら・使えそう!とおもったら記事の一番下のシェアボタンからシェアお願い致します(^^)
はてなブックマーク、はてブのシェアボタンもつけてみました!ぜひ!

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧